住宅の品質確保に関する法律とは?
 

住宅は一生に一度の買い物です。欠陥住宅などのトラブルを未然に防ぎ、消費者が安心して良質な住宅を取得できることを目的とした法律です。平成12年4月1日に施行されました。


◆1.新築住宅の基本構造部分の10年保証を義務づけるとは?



●新築住宅の定義とは
新たに建設された住宅で、まだ人が住んだことがなく、且つ新築されてから1年以内のものをさします。建売り分譲住宅などの売残りで新築後1年以上経ったものは対象となりません

【対象となる部分のイメージ】
構造耐力上主要な部分の例(在来軸組工法の木造住宅の場合)

*このほか、雨水の侵入を防止する部分についても対象となります。
建設省(現:国土交通省)住宅局資料より

●瑕疵とは、瑕疵担保責任とは?
  • 瑕疵とは「欠陥」とほぼ同じ意味で、住宅の品質・性能が新築当初約束されていたものと異なることを言い、住宅として最低限機能しなければならないものが機能しないことです。例えば、床が傾斜したり、屋根から雨が漏れる等がこの瑕疵に該当します。

  • 瑕疵担保責任とは引き渡した住宅に瑕疵があった場合、供給者が、その瑕疵を修復したり、損害が発生し場合に損害金を支払う責任のことです。

◆2.住宅性能表示制度とは?
新築住宅の基本的な性能がどれくらいなのかを客観的に判断できる共通の“ものさし”(日本住宅性能表示基準)をつくり、その共通の“ものさし”に従って第三者が住宅の性能を適正に評価して「評価書」を交付します。また、これは任意の制度ですのでこの制度を利用するかしないかは住宅供給者または取得者の選択によります。(利用する場合は一定の費用がかかります。)




●「評価書」について
評価機関が発行する評価書には2段階(2種類)に分かれており、設計段階における「設計住宅性能評価書」と、建設後における「建設住宅性能評価書」があります。

<設計段階>


<建物完成段階>


平成14年8月に既存住宅(中古住宅)を対象として性能表示制度が施行され、新築、中古すべての住宅について性能表示が可能となりました。

◆3.住宅にかかわる紛争処理体制の整備とは?

性能評価を受けた住宅にかかわるトラブルに対しては、裁判外の紛争処理体制を整備し、万一のトラブルの場合にも紛争処理の円滑化、迅速化を図っていく仕組みです。

紛争処理体制のイメージ

建設省(現:国土交通省)住宅局資料より

●「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の気になる点


住宅保証機構の「住宅性能保証制度」

■ 財団法人 住宅保証機構の「住宅性能保証制度」とは
この制度に登録された住宅供給業者は、丈夫で長持ちする住まいづくりのための「設計施工基準」を守り、工事中2回以上、専門検査員による「現場審査」を受け、お引き渡し時には無料修補の内容が明記された「保証書」を発行し、10年間保証します。また、住宅供給業者が倒産などの場合にも安心の保険制度があります。