一家の大黒柱であるあなたにもしもの事があったらどうしますか?残された家族の事はどう考えますか?生命保険会社の宣伝のような、半分脅しにもちかい言い方ですが、本当にどうします?
 住宅について考えてみましょう。現金で住宅を購入した方は万が一のことが起きても、残された家族には住まう為の住宅が残されます。では、ローンを組んで買った場合はどうなるのでしょう?残された家族はローンを返済しなければならないのでしょうか?また、賃貸の場合はどうでしょうか?



1.ローンを組んで住宅を購入し、返済の途中で万が一の事が発生した場合。
   1)ローンを組んだときに団体信用生命保険に加入すれば安心です。
 団体信用生命保険とは「生命保険」の一種で、保険料を支払うことにより、万が一ローンの残債務 を残して亡くなったとしても、変わりに保険会社が残された残債務を一括返済してくれるので、残され た家族にはローン負担は残りません。非常に安心な制度です。