NO4 「不動産の収入に関するリスク」


不動産投資における収入はおもに家賃収入です。しかし、家賃収入は必ずしも安定している訳ではありません。場合によっては見込んでいた家賃収入が入ってこない場合もあります。さて、不動投資における収入にはどのようなリスクがあるのでしょうか?


1.空室になるリスク
不動産を貸している間は家賃が入ってきますが、借りている人が出て行った場合は当然収入がなくなってしまい、期待した投資利回りが得られなくなってしまいます。




2.賃料が変動するリスク
賃料は経済事情の変動や、周辺相場、周辺の需要と供給の関係で変動します。また、同等の賃料でもっと立地条件がいい物件があるような場合や同等のグレードでもっと賃料が低い物件が周辺にあるような場合は、賃料を下げざるを得ない場合もあります。




3.賃料が滞るリスク
最近の不況により賃料の支払いが滞るケースが増えているようです。これでは収入の目処がたたないばかりか、出て行って頂くのにもお金と時間がかかり、その間新たな入居者を確保することができません。


以上のように不動産リスクは不確実な要素が多く、必ずしも安定的な収益が得られるとは限りません。